2013/06/29

plenv installから--asが消えたのでperl-buildを直接使う

追記 2013/06/29 09:09

@tokuhiromさんにコメントでご指摘頂きましたところ、8日前にperl-build側で実装されたそうです。
githubにあるperl-buildのHEADを利用すると使えるようになります。


plenvの中身がperlからbashに変更された際に消えたようです。
バージョンはplenv 2.0.1-7-ge389af0

違うバージョンのperlを一つずつinstallする分には困りませんが、同じバージョンでコンパイルオプションを変更したものをinstallしようとすると「もうそのバージョンあるから!」とinstallを拒否されます。

ざっくりと見たところplenvは~/.plenv/versions以下にbuildしたperlを保存してます。

    > ls -1 ~/.plenv/versions/
    5.16.2
    5.16.3
    5.18.0

場所が分かれば後は、perl-buildで直接installしてやると大体うまく行きそうです。

    > perl-build 5.18.0 ~/.plenv/versions/5.18-ithreads -Duseithreads

無事installが終わるとこんな感じになるので、後はplenv global 5.18-ithreads等の通常の方法で切り替えることが出来ます。

    > plenv versions
      system
      5.16.2
      5.16.3
      5.18-ithreads
    * 5.18.0 (set by PLENV_VERSION environment variable)

公式に説明があるわけではないので自己責任で行ってください。

2 件のコメント:

  1. すみません! --as はうっかり実装しわすれてたんですが、8日ほど前に @miyagawa さんに指摘されて実装してあります。
    https://github.com/tokuhirom/Perl-Build/commit/70fb5a73bdf94ca1b89fbba2c0746ac4f49973cf

    なお、--as でいれても perl-build で直でいれても効果はおなじです。

    返信削除
    返信
    1. @tokuhiromさん
      最近また実装されていたんですね。perl-build側は見落としてました!
      ありがとうございます:)

      削除